DFP header tag

2015年12月28日月曜日

行く年来る年 2015


子どもって 1 年もたつと、全く別の生き物かってぐらい大きな成長を遂げている。

自分も負けずに成長しなきゃな、と良い刺激になる。


2015 年

年始に 茶ッカソンの審査員をやった ときには、そのままサラリーマン続ける以外の選択肢を持っていなかったのだけど。

3 月に GDC で Crossy Road の講演 を聞いて「動画リワード広告 って凄ぇ良いんだなぁ」って思って。

翌 4 月には Google を辞め、約 1 ヶ月の San Francisco 放浪 を経て、動画リワード広告 (とネイティブ広告) を柱に急成長するスタートアップ AppLovin の日本 1 人目としてジョイン した。

日本営業部 部長 という愛らしい肩書きと、巧みで泥臭い PR 作戦 で、着実に売上を伸ばしてきた (ジョインした直後の 5-6 倍ぐらいに伸びた)。

2016 年の最初のチャレンジは、これを更に伸ばすための 2 人目の採用 だ。
(まじ楽しいので誰か良い人いたら紹介してください♡)

あと韓国にメンバーが今まだいないから、G-star に行って現地デベロッパの開拓をしたりもした。
こちらも現地にメンバーが欲しいところだ......

AppLovin 以外では、Polaris-X 社 の「中年騎士ヤスヒロ」のマーケティング・マネタイズをはじめ、いくつかのゲーム・アプリにアドバイザ的に関わる機会も増えた。

広告に関する知見だけでなく、実際に AppLovin やその他の場面で身に付けてきたこと、例えば売上・キャッシュフロー管理や広報・PR などが、仲の良い友達やイケてるプロダクトに貢献できるのはとても嬉しい。

ダラダラ書いたが、まぁこの展開どれも 1 年前には全く予想もついていなかった。

なので、2016 年何をどうしようとか、予想つかないので、予想しない。

とりあえず、毎日エキサイティングなことだけをやって生きられますように。

今年お世話になった皆様、どうもありがとうございました。
来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Q

2015年12月3日木曜日

AppLovin Japan 採用はじめました!


今年の 6 月から約半年間 1 人で日本での活動を続けてきたが、とうとう日本で 2 人目のメンバーを採用することになった!

Strategic Partnerships Analyst - at AppLovin, Tokyo

採用基準はかなり高いが (後述)、仕事は相当エキサイティングで、待遇も悪くなく、キャリア的にも大きなチャンスだと思う。
自分がマッチすると思う方は是非アプライして欲しいし、周りにマッチしそうな人がいたら是非とも紹介してほしい。

(正直、候補者を見つけるのは大変だと思う... けどベストな人を採用することにこだわるよ。)

〜回想ここから〜

初めは「聞いたことない AppLovin」だった。
そこから 8 月までの 3 ヶ月ぐらいで、様々な PR 大作戦を通じて「名前は聞いたことある AppLovin」になった。

9-11 月にかけて、徐々に活動を PR からダイレクト営業にシフトして、結果として広告主・媒体サイドともに導入事例が劇的に増えた。
(もちろん、広告代理店や SSP などのパートナーにもメチャクチャ助けてもらっている)

ただ使ってもらうだけではない。
全てではないが多くのケースで、他のアドネットワークと比べても高いパフォーマンスが出ていると評価いただいている。

この 3 ヶ月で「なんか良いらしい AppLovin」に昇格できたと言っていいだろう。
おかげで、こちらからアプローチしなくても、インバウンドで問い合わせをもらうことが増えてきた。

直近の日本での 1 日あたりの売上は、5 ヶ月前と比べて 5 倍近くになっている。

〜回想ここまで〜

うちのプロダクトは焼き畑ではないので、広告主・媒体ともに継続率が高い。
なのでクライアントがどんどん積み上がる。

今回採用するポジションは、主として既存広告主のアカウント・キャンペーンをマネージし、より伸ばすというのがミッションだ。

プロダクトを深く理解する必要があるし、同じことを行うメンバーは日本にはいない (ほぼ全員 San Francisco) ため、ネイティブとコミュニケーションして困らないぐらいの英語力は恐らく必須。

中国や韓国や東南アジアのクライアントもマネージできればそれに越したことはないので (アジア方面は来年さらに強化する予定)、日本語・英語以外の言語が出来ればプラスになる (必須ではない)。

また、例えばキャンペーンのパフォーマンスが芳しくないときや、数字をきちんと計測できていないとき等、その原因を特定して解決する critical / analytical thinking & problem solving の能力が必要になる。
Job Description には「数学の高いスコアが必要」と書いてあるのは、そういう理由だ。

加えて、新規営業ほどバンバン外に出て人に会いまくる role ではないが、電話やメールやチャット、必要に応じて対面で、広告主や代理店とコミュニケーションすることも求められる。

必ずしも広告業界の出身である必要は無い (実際、広告未経験のメンバーも多い) が、上記スキルに合わせて、テクノロジに対して少なくとも強い興味関心を持っていて欲しい。
年齢とかも全く関係なく、例えば本社の媒体側営業の責任者はまだ 20 代前半だ (見た目は僕と同じぐらいオッサンだがw)

あとは当然ながら会社のカルチャーにプラスになる人であって欲しい。
AppLovin はまだ 100 人未満の小さい会社だからこそ企業文化を非常に大事にしており、結果として Best Places to WorkBest Company Cultures といったリストに何度も載っている。
(ほんと良い会社やねん)

待遇は悪くはない - 恐らく業界では最高水準に近いんじゃないかと思う。
少なくとも自分は Google から移って生活レベルは全く下がっていない (給与面、ワークライフバランス面) し、最高に優秀なメンバーだけを揃えるためにはそれぐらいやって当然だと考えている。
(売上規模を考えると、実際、競合他社と比べてかなり営業サイドの人数は少ない - 逆に言うと、1 人あたりにそれなりのコストをかけても良いということになる)
ストックオプションもある。

会社のステージとしては、4 年目でいまだに年 +100% 以上で成長中 (年間売上 $210 ミリオン規模 (2015 年初時点))、グローバルで 100 人未満、未上場、エンジェルラウンド以降ファイナンスをしていない。

そう、年百億円の売上を上げていながら、未だに前年比 +100% で急成長している。
そんなイケてる企業文化の若い会社で、日本+アジアという大きな市場の立ち上げメンバー (アジア全体でも最初の 5 人以内) というのを、自分の成長機会ととらえてくれる人と一緒に働きたい。

ちなみにぼくとは role が別なので、2 人目だからといってぼくの部下になるというわけではない (ツートップのイメージ)。
むしろぼくより優秀な人に来て欲しい...。

というわけで改めて、自分がマッチすると思う方は是非アプライしてください。
周りにマッチしそうな人がいたら是非とも紹介してください。
話だけでも聞きたいって方は気軽にぼくまで連絡ください。

Strategic Partnerships Analyst - at AppLovin, Tokyo

Q