DFP header tag

2017年10月1日日曜日

起業するので、株主になってくれる方を募集します!

っていうのは嘘なんだけどね。(2017 年 10 月 1 日時点では一切予定なし)

ちょっと前から、こういうやり方で資金調達できないものかなぁと妄想してます。

起業家のイラスト(男性) - いらすとや



1. とりあえず法人を設立

たとえば 10 月 1 日に設立したとする。

2. 初年度は株式の 10% を売り出し

11 月 1 日までの 1 ヶ月の間に、この法人の株を買いたいっていう人から、いくら分買いたいか (金額) を入札してもらう。

たとえば、100 万円出したいって人 (A) と、20 万円出したいって人 (B) と、5 万円出したいって人 (C) がいたら、合計 125 万円を調達し、時価総額は 1,250 万円。
A は 8%、B は 1.6%、C は 0.4% のシェアを持つことになる。

※割り算が割り切れなかったときの処理はうまいことする

3. 二年目の 11 月 1 日には、追加で 10% を売り出す

このときにも、この法人の株を買いたいっていう人からの入札を受け付ける。
また同時に、この時点で株を持ってる人は、好きな割合を売り払うこともできる。

たとえば、上記の A さんが持分の半分 (4%) を売り出したいと宣言した場合、このラウンドで流通する株式は 14% 分ということになる。

このラウンドで買いたいっていう人からの入札金額の合計が 1,400 万円だったとき、1% = 100 万円 (時価総額 1 億円) になる。
よって A さんは 4% 分の株式 (取得価格 50 万円) を 400 万円で売却できる。
(時価総額が 1,250 万円 → 1 億円と 8 倍になっている)

 4. 同じことを 10 年間繰り返す

この時点で創業者の持分は 0% (自分で買い戻さない限り) になっているので、この会社は晴れて社会の公器になりました!w



妄想のなかでいくつか検討・懸念していること。

ICO でやればいいんじゃないか

→ ICO による資金調達は日本だと法的に微妙 (少なくとも、IPO による EXIT はかなり難しくなる模様) らしい。
まぁでもこの形だったら EXIT する必要なんてなくなる?から別にいいっちゃいいのかなぁ?

事務手続きが死ぬほどめんどくさそう

→ 株主の数がかなり多くなり得るやり方なので、株主の同意を公式に得ないといけない場合とかがかなり面倒そう。
全ての手続きをオンラインで出来たりすると楽になるのかな。

全部議決権のない種類株にするとか?(可能なのか?)
上記のように ICO にすればいいのか?

株価が下がったときとか文句言われそう

→ まぁそれは上場してても一緒か。
VALU みたいに、基本は知り合いとか、自分を個人として知ってる / 応援してくれる人に出してもらうような形にして、攻撃的なネガティブフィードバックがあまり起こらないようにしたいなぁ。

VC とかはきっと出資してこないんだろうなぁ

株主とのコミュニケーションどうするべ

→ 日々の Facebook グループ (またはサロン的な何か) + 月次のメーリスかな


こういう法律に違反してるよ (多分いろいろ違反してるんだろうなぁ...) とか、こういうやり方でなら出来そうだよとか、妄想をもう少し現実的にするために色んなフィードバックもらえると嬉しいです!


※あらためて、 2017 年 10 月 1 日時点では一切起業の予定はありません!
今後絶対しないっていう意味でもないけどね。

Q

2017年9月12日火曜日

ロングインタビュー風!AppLovin 日本のマーケター Amy が仲間を大募集中

AppLovin 東京オフィスでマーケティング・PR を担当している、Amy Mills (エイミー・ミルズ)
今年 (2017 年) の 1 月に入社してから早くも半年以上がたち、アプリ業界の方ならすでに一度ぐらいは既にどこかでお会いになっているかもしれません。


写真は全てこの記事のために撮り下ろしました

そんな Amy と一緒に働くチームメンバーをこのたび募集することになりました!
https://boards.greenhouse.io/applovin/jobs/841003#.WbboFtMjHUq

AppLovin のマーケティングのお仕事のご紹介と合わせて、ぜひ Amy の人となりも知っていただいた上で、ご興味があればぜひ話を聞きにきてください & いい人がいたら気軽にご紹介ください!!

過去のメンバー紹介記事:まんでぃサニー谷やん




ぼく:気づいたら入社から半年もたっちゃってた...。ずっとインタビューしてなくてゴメンな。。。

Amy:No problem!

ぼく:じゃあ気を取り直して...まず簡単にプロフィールを教えてください!出身は Sunny と同じやったよね?

Amy:そう、こう見えて神戸出身やねん。普段は関西弁と英語のちゃんぽんで会話してる〜 lol


ぼく:(個人的にはそこもポイント高い) 学生時代はずっと日本?

Amy:いや、大学はシカゴの Northwestern University で Communications Major, Business Minor でした。
(※ Major = 主専攻, Minor = 副専攻)

ぼく:ギャングの街や...(ゴクリ

Amy:そんな治安悪くないよw でもとにかく寒かったわ。。で、そのあと東大の大学院で言語学を勉強してました。

ぼく:えっ、後輩やん。。無駄に高学歴やなうちの会社...。

Amy:たしかにね〜

ぼく:で、前職は Twitter Japan やったよね。毎日 1 回 140 文字以内で呟くお仕事、やったっけ?

Amy:呟きもしてたけどwそれだけじゃないで〜

マーケティングのお仕事


Amy:Twitter Japan での role (役割) は Content Marketing Manager (B2B Marketing) っていって。広告主が対象で、いろんな企業さんに Twitter についてもっと知ってもらって、もっと使ってもらえるように資料を作ったり、イベントなどをやってました。

ぼく:なんか...今 AppLovin でやってる仕事とほぼ同じ?

Amy:そうね〜、今も B2B Marketing やから近いといえば近いね!

ぼく:もうちょっと具体的には、今どんな仕事してるん?おれ一部しか知らん気がする。

Amy:大きく分けると、コンテンツとイベントかな。コンテンツのほうは、Twitter, Facebook, 公式ブログの更新のほかに、exchangewire, gamebusiness.jp みたいな業界誌への寄稿記事、プレスリリース、ケーススタディー紹介とか。

ぼく:Amy が入る前はおれの個人 blog と SNS でしか発信してなかったから、だいぶ AppLovin 発信の情報増えたよな〜。

Amy:もっとブログに力を入れていきたい!


ぼく:Amy の恋愛コラムとか、まんでぃの料理コーナーとかやったらええんちゃう?

Amy:そうねー...

ぼく:(汗) イベントのほうは?

Amy:CEDEC, Adtech のような業界イベントをスポンサーしたり、AppLovin が主催・共催するイベントや勉強会を開催したりとか。来週の TGS (東京ゲームショウ) でも gumi, Adjust さんとかと共催でパーティやるから、今はその準備をやったりしてる。

2017/9/21(木) 20時~開催しました!

ぼく:朝食勉強会とか、意識高くてええよね。

Amy:あれ日本発のフォーマットで、これから他の国でもやることになってん(ドヤァ

ぼく:おぉすごい。

Amy:他にも、blog の #デベロッパーさんに直撃 シリーズも日本発のフォーマットで、翻訳されて英語版でも展開することになってん(ドヤァ


ぼく:おれも外資系にずっといるから分かるけど、ローカル発でやった施策が本社とかグローバルで採用されるって実際レアやし、アガるよな〜

Amy:グローバルでも上手くいってほしいわ!

ぼく:AppLovin の日本オフィスメンバー以外やと、どんな人と仕事することが多いの?

Amy:社内だと本社のマーケチーム。私の上司は本社にいて、日本のマーケは私だけなので比較的自由。

ぼく:そのぶん責任重大やね。

Amy:そうなのよ〜。しかもマーケティングの専任メンバーがいないから韓国や東南アジアもカバーしてて、けっこう大変〜

ぼく:社外だと?

Amy:業界誌とかメディアの方たちと、あとは Adjust, TUNE, AppsFlyer みたいなトラッキングパートナーとよく共催でイベントをやるので、そのマーケ担当と連携することが多いかな。これは日本だけじゃなくて他の国でも!

ぼく:GDC や Casual Connect のときとか、よくやってるよね。Twitter にいたときと、マーケの仕事でここが違う、みたいなところはある?

Amy:前職では広告主サイドの仕事しかしたことがなかったから、AppLovin に入って developer-side を見ることができて新鮮!個人やインディーのお客さんとか、広告主とはやっぱり結構ちゃうね。

ぼく:違うね〜。でもその違いも面白いから、おれも両サイドやれるのは楽しいと思う!

AppLovin に入社した経緯


ぼく:ちなみに AppLovin のことって、どうやって知ったの?

Amy:どうやってかは忘れたけど、同じ業界にいたので、名前はどっかで聞いたことがあったのよ。そしたら高校の後輩の Sunny から、ある突然急に Facebook でメッセージがきて。

ぼく:けっこうよく連絡とってたん?

Amy:7 年ぶりだったw

ぼく:Oh.

Amy:当時はまだ Twitter にいて、そこまで転職のことは考えてなかったので、彼の “Are u interested in casually talking to our country manager? (うちのカントリーマネージャとカジュアルに会ってみない?)” に対し、私は “I’ll let you know when I’m interested (興味でてきたら連絡するわ)” みたいな適当な返事をして、、笑

ぼく:完全にお断りされてるやつやな、それw

Amy:でも 4 ヶ月後にようやくコンタクトしたのね。結構間が空いちゃったのでさすがにポジション埋まっちゃてるのかと思ってたら、まだ募集してて!びっくりしました。


ぼく:その頃めっちゃ Marketing Manager 探してたもん。。なかなか良い人いないし、ぼくらが良いと思っても本社に気に入ってもらえなくて。。大変やってんで。

Amy:確かに、経験者もたくさんいるポジションじゃないしね〜。

ぼく:どのへんが、AppLovin 入ってもええなって思ったポイントやったん?

Amy:やっぱり成長していて、将来性のある企業だと思ったから。あとはポジションがドンピシャ!なかなか IT 業界の B2B marketing のポジションはないので job description を改めて読んだ時、しっくりきたっていうのが大きいね。

ぼく:ほ〜、そうなんや。

Amy:あとは人!日本チームのみんなすごく優秀でハイスペックなのにすごく “chill” ...日本語でなんて言うのかな? で働きやすそうな環境だなぁって思ったよ。

ぼく:なんとなく分かる!無理はしないけど、みんなやることしっかりやってて、どうやったらもっと伸ばせるかも考えてて...。職人なんだけど、オーナーシップとハングリー精神がすごい、みたいな。

Amy:最後に、日本のマーケティングを立ち上げるのにもすごく興味があった!私で大丈夫なの?!って不安はあったけど。lol

ぼく:そこはやっぱ小さくて伸びてる組織に入る醍醐味やな!

AppLovin の印象


ぼく:いざ入社してみて、半年たって印象はどう?

Amy:最初は女性一人でちょっと心配だったけど、一日で不安がなくなったw

ぼく:まじか!

Amy:男性陣がみんな優しすぎたので♡全く心配する必要がなかったわ。


ぼく:思ってたんと違う、みたいなことはなかった?

Amy:びっくりしたのは社内ミーティングの少なさ。前職は mtg だらけだったので、最初はえ、大丈夫なの?!と思ったけど、AppLovin では本当に必要な時しかミーティングを行わないので、効率よく仕事ができていいと思う。

ぼく:日本チームの中でちゃんとしたミーティングみたいなのやったこと一回もないよな。

Amy:席にいながら話して終わり、やもんね。笑

ぼく:Amy から見て AppLovin の良いところってどんなとこやと思う?

Amy:スタートアップで少人数なのに、プロダクトがしっかりしていて、とにかく優秀。あと、社員を大事にする会社ですね。

ぼく:そもそもマーケ・広報の仕事って、おれは我流でしかやったことないんやけど、プロの Amy から見るとどんなところが楽しい?

Amy:PR やイベントを通してお客様が AppLovin により興味をもってもらえるような活動をしているので、「とても勉強になりました!」「楽しいイベントでした」「あの記事、とても参考になった」と聞くとやりがいを感じますね〜。

ぼく:なるほどね。裏方仕事やけど、お客さんと直接話すことでポジティブになれるのね。

Amy:そう。マーケは広範囲なので、とにかくいろんな人との出会いがあるので楽しいですね。広告主、デベロッパー、トラッキングパートナー、SSP/DSP、プレス、とかとか。

ぼく:そういうのが苦にならない、むしろ楽しめる人には面白い仕事かもね!

メンバー募集


ぼく:そんな Amy のマーケチームで最近人を募集しはじめた (Marketing Coordinator, Japan) けど、ポジションについてちょっと詳細と、どんな人と一緒にやりたいかを教えて!

Amy:一言でいうと私と一緒に、いま説明したようなマーケ・PR のお仕事全般をやってくれる人。今回募集してるのは特に、韓国語と日本語ができる人!!


ぼく:英語と日本語、じゃないんや。笑

Amy:さっき話したように、今は韓国のマーケティングも担当してるんだけど、韓国語できないので難しくて。。

ぼく:おれがもっと韓国語できたら助けてあげれたのにな。すまんの。

Amy:全然上達してないやん lol 本社とのコミュニケーションは私がメインでやればいいから、逆に英語はそこまで重要じゃないかな〜。ある程度喋れたほうがもちろんいいけど。

ぼく:広告の知識とかは?

Amy:アドテク業界の経験は特に問いません!主にイベント周りのサポートをしていただくので、イベント企画やオペレーションができる人だと嬉しいな。もちろん教えるので、そこまで経験なくても大丈夫。

ぼく:この記事で興味持ってくれる人でてくるといいね〜!

最後に


ぼく:最後に、Amy のこともっと知りたい!って人のために、プライベートなことも聞いていい?趣味とか。

Amy:その言い方なんか照れるわ。。趣味はジムで体を動かすこと!

ぼく:運動はずっとやってたの?

Amy:ジムは数年前からずっと行ってたけど、サボったりもしてて昨年から真面目に行き始めた。Tipness で筋トレ系のプログラムをやってます。


Amy:体も変わるし、体力もだいぶついたので、いつも元気です!目指せ six pack!!

ぼく:お、おれも目指す!

Amy:お酒も好きなので友達と飲みに行ったり。。でも最近は体のために控えようとしてる。

ぼく:(たまに二日酔いになってるしな。お互いもう若くない...)

Amy:あとイベントが好き!今年は 3 つも夏フェスに行きました。

ぼく:たまに Facebook で写真あげてるよな。3 つはすごいw めっちゃ元気やんw

Amy:それ以外では、普通の女子なので(笑)、買い物とか美容大好き。今年 30 になったので、お肌ケアにはまってる。老けないように頑張ります〜

ぼく:いつも忘れそうになるけど、意外と年齢近いんよな。いつまでも綺麗な Amy でいてください!




最後こんな締めでいいのかw

Amy やぼくと一緒に AppLovin でマーケティングのお仕事 (Marketing Coordinator, Japan) をしてくれる方はこのサイト https://boards.greenhouse.io/applovin/jobs/841003#.WbboFtMjHUq からぜひ応募してください!

応募する前にまず話を聞いてみたいという方や、Amy と合コン・デートしたいという方は、お気軽に @tatsuosakamoto までご連絡を!

※合コン・デートについては受諾されるか定かではありませんので悪しからず。


最後こんな締めでいいのかw

Q

2017年8月27日日曜日

#読書メモ 『スタートアップ・バブル』by ダン・ライオンズ

Amazon楽天ブックス

たまたま Kobo ストアで見つけて読んだ本。
衝撃的に面白くて、一気に最後まで読んでしまった...!

「ニューズウィーク」を突然クビになって、新進気鋭の IT スタートアップ「ハブスポット」に勤務することになった、50 代男性のルポ (ノンフィクション)。
映画「インターンシップ」みたいな、さえない中年男が奮闘する話かと思いきや、むしろ逆に "良識と経験のある" ビジネスパーソンから見ていかに "IT スタートアップ界隈" が狂っているかをエピソードを基に書いた、なんとも風刺と示唆に富んだ話だった。

明るく華やかなイメージとは裏腹に、テクノロジーの裏付けのないクソみたいな製品をセールスとマーケティングの力で顧客を騙して売ったり、経験のない若者を "カルト的に" 洗脳して薄給でハードワークさせたり、赤字続き (黒転の見込みもない) のに投資家ともども株価を吊り上げて私服を肥やしたり、など "どこかで聞いたような" 話が盛りだくさん。
笑えるエピソードなのに笑えない。。

そして終盤につれ、ちょっと頭のイカれた?上司からのパワハラからの即日解雇、そして辞めた後に起こったちょっとゾッとするエピローグ...と、最後のほうはかなりシリアス展開に。

もちろんこれは一方的な視点から描かれた内容で、創業者や、他の従業員や、投資家・市場関係者から見ると別の側面や意見があるのだろうが。
そして必ずしも、スタートアップが華々しさと勢いで従業員や投資家を惹きつけ、赤字のまま大きくなることが悪いことではないことも承知しているが。

スタートアップに対する批判的・懐疑的な見方を通じて、思考を膨らませるのにはとても良い材料だった。

しかし、問題の企業名も実名で、一部登場人物についても実名で、(機密情報・個人情報・顧客情報の類は含まれていないとはいえ) ここまでリアルな暴露本を出版できるってこと自体がすごいな。
増田ならともかく...

Amazon楽天ブックス

Q