2019/01/10

AppLovin・Lion Studiosを退職します (Resignation from AppLovin & Lion Studios)

(Click HERE to see the English version)

このたび、2015 年 6 月から約 3 年半勤めた AppLovin、ならびに、約 1 年前から参画した AppLovin のメディア部門である Lion Studios を退職することになりました。

送別の品が SIXPAD でした。メッセージ受け取りました

日本 1 人目として入社し(※)、オフィスなし・法人なし・ビジネスなし・知名度なしの状態から、日本だけで月間取扱高数億円、メンバーも 10 人を超えるところまで成長させることが出来ました。
大成功だと思っています。
 
(※なお日本人 1 人目は僕ではなく、カントリーマネージャの林が、ぼくの入社よりずっと前から San Francisco にいました)

ただこれは正直、タイミングとプロダクト(※)、素晴らしいお客様やパートナー、手前味噌ながらマジで優秀で頼れる同僚や上司、いつもサポートしてくれた家族など、全ての条件に恵まれたおかげで実現出来たことだと思っています。

(※なんか AppLovin についてあることないこと言って dis ってる人や会社もいるそうですが、元 Google の僕の目から見ても AppLovin のプロダクトは思想も完成度も素晴らしく、間違いなく業界最高クラスです。何か懸念点などある方はいつでも聞いてください、もう社員ではなくなるので、フラットな立場から包み隠さずお伝えします)

この 3 年半、仕事を通じて関わった方全てに、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
幸せでした。

===

唯一の心残りとしては、パブリッシャ Lion Studios として日本のゲームを世界ナンバーワンにすることが一度も出来なかったことですかね。

まぁでも、パブリッシングこそしていませんが、わりとかなり深く関わったデベロッパさんのタイトルを、後輩が力強くサポートすることで全米 1 位にすることが出来たので、日本のハイパーカジュアルゲームの歴史にちょびっと足跡を残せたかも?って勝手に思っておきます。

まだ仕込んでる途中のタイトルもあったりするので、近い将来いい報告を聞けることを楽しみにしておくことにします。

あとは頼んだ!! > メンバー

===

次のステップとしては、来月からまた別の海外テック系スタートアップの日本進出を、日本 1 人目としてチャレンジします。

またオフィス無し生活に戻ります。笑

一見 AppLovin でやったことと同じなのですが、前回は何が正解か分からないままガムシャラにやったらたまたま (皆さんの助けがあって) 上手くいったというのが正直なところ。
(カントリーマネージャの林さんには、もっとハッキリ道筋が見えていたのかもしれませんが)

今回は、もっとしっかり自分で仮説を立てて、素早く検証しながら走ることで、より「海外企業の日本進出」を形式知化したいなと思っています。

===

また、AppLovin のときには最初は本社側に、日本にチームを作るって段階ではカントリーマネージャとして、林さんがいてくださいました。

本社側との厄介なネゴシエーションだったり、リスクのあるアクションへの後ろ盾だったりと、面倒なことは全部巻き取ってくれていました。

そのおかげで、僕をはじめとする「パラメータをオフェンス側に振りすぎた」メンバーは、点を取りにいく活動に相当フォーカスできていると思います。
(感謝してもしきれない)

新しい職場ではそういう人はいないので、APAC やグローバルとの信頼関係作りみたいなことも自分でやらなきゃいけないし (なんせ日本市場が分かってる人が多分 1 人もいない!)、ビジネスが上手くいき始めたら採用やマネジメントといった領域も (意外にも) 初めて取り組むことになります。

楽しみです。ふふふ。

===

採用に関していうと...
AppLovin Japan のメンバーは、能力的にはちょっとオーバースペックなぐらい高く、性格も良い感じに美意識が共有出来ていた気がします (嫌なやつじゃなくて、合理的で、負けず嫌い・勝ちたがりで、やることはしっかりやって、お金儲け好きw)。
奇跡的にこの人たちを集めることが出来た (※) から実現できた成功だと思ってます。

(※結果的に採用チャネルは今のところ全員リファラル。イケてる奴の友達はイケてる、のか?)

珍しく全員集合した last lunch

ほとんどのメンバーがアドテクの経験がない状態で入社しているにもかかわらず、入ってから着実にみんな成長してて、もう僕なんていなくても何の問題もなくビジネスは成長し続けるだろうなと。

そういう人を集めることが、成功の一番重要なドライバーの 1 つだと思います。
あと、やっぱり一緒に働いてて楽しいのもそういう人やしね。

難易度は高いんですが、また新しい素晴らしいタレントと一緒に仕事が出来るように、ビジネスもしっかり成長させて、採用関連の活動も今以上に本腰入れてやっていきたいなと思ってます。

===

最後になりますが、なんの事業かさえ言ってない中で若干無茶ではありますが、日本進出という非常にエキサイティングでインタレスティングな仕事を、僕と一緒にやってみたい・興味あるって方はぜひお気軽にご連絡ください!
...すぐにポジションあるわけではないのですが、waiting list に入れさせていただきます。
(ので、そのうちやってみたい、って程度で全然いいです)

この blog のお問い合わせフォームでも、Twitter や (フレンドの方は) Facebook などメッセージででも何でも結構です。


なんか最後のほうはとりとめなくなってしまったのですが、そんな感じで近況報告でした!


Q

===

P.S. AppLovin または Lion Studios の中の人と話したいって方は、紹介するのでお気軽にご連絡ください。

P.S.2 次の職場について、AppLovin や Lion Studios の裏話、その他あれやこれや、質問ある方は Peing -質問箱- から質問投げていただいた上で、Twitter @tatsuosakamoto をフォローしておいてみてください。差し支えないものだけ回答しますw