DFP header tag

2015年6月29日月曜日

たつおの部屋 : 動画広告を何度も見せるのは効果的ですか?



スマホのデータ通信量を正確に計測してくれる Android アプリ「通信量モニター」の開発者 @gari_jp さんからの質問にお答えしよう。
※ご本人に承諾済

(ちなみにこのツールを使うと、スマホに入ってるアプリごとの通信量が見た目に綺麗にわかるので、データ料金が気になる人とかは試してみることをお勧めする)




【質問】

動画広告って一度に何回も観れるような仕様にすると、効果は薄くなりますか?
ゲームではなくツール系のアプリで、動画を観たら 3 日間ぐらい有料の機能を使えるような感じで使おうと思ってるんですけど、どんな感じにしようか悩んでいます。

【回答】

一度に何回も見せるのは、まぁ 2-3 回ならいいかもしれないが、あまりにも回数多いと在庫が枯れてきて効果が薄れる (同じ広告を何度も同じユーザーに見せちゃう) 懸念がある。

※補足※ バナーと比較すると動画広告は出稿しているクライアントの数・クリエイティブの種類も少ないので、何度も同じ広告ネットワークを見せていると、同じ広告ばかりをユーザーに見せてしまうことになりかねない。
また、広告ネットワークや広告主の側で、フリクエンシーキャップ (同じユーザーに広告を見せる頻度) をシステム的に制限しているケースもある

また、たとえば機能解放する際も「24 時間解放します」だと翌日、「6 時間解放します」だったら 6 時間後にユーザーがアプリに戻ってくる誘因になる。
有料の機能を「3 日間使える」だと確かにユーザーに優しいが、アプリのエンゲージメントを高める効果は薄れるかもしれない。

とはいえ、そのアプリをユーザーが元々どれぐらいの頻度で使ってるのか、とあまりにかけ離れていると意味ないが。

そのへんの頻度は広告ネットワークの管理画面で変更できたりするので (少なくとも AppLovin は出来る。他も多分できるんじゃないかな)、ベストなバランスを探してみてほしい。

何時間に1回見せるか / 1日最大何回見せるか設定できる (AppLovin)

また、あまりにも大盤振る舞いをしすぎると、課金の売上に悪影響が出てしまう可能性もゼロではないので、バランスの調整も必要だ。
(適切な頻度で出したり、ユーザーをセグメントしたりすればコントロール出来る)

過去の「たつおの部屋」シリーズはこちら

Q