2017/12/03

開発したアプリ「漫画ウォッチャー」を譲渡しました

先日プレスリリースが出ていた通り、ぼくが開発して夏にリリースしたアプリ「漫画ウォッチャー」を譲渡 (売却) しました。


先に言っておくと、某 CASH と違って、まったく金持ちにはなっていません。。。
NDA があるので細かいことはお話できないですが、かけてきた労力考えるとまったく割に合わない仕事 (金銭的には) です。。。
70 億円とか桁がいくつ違う世界やねん。。。

ただ、個人的にこの一連の経験から得られるものは色々ありました。

自分でサービスを企画して、外部のリソース (エンジニア、デザイナー) を借りてプロダクトを作り、世に出すまでの大変さ。

リリース時のだいぶふざけたプレスリリース、めっちゃ buzz って、PR Times 上では「お金のデザイン」社が 5億円調達したというニュースに (瞬間風速で) 勝ったりして、ちょっと深まった自信と期待。


からの、全然思っていたほどダウンロードが伸びず、不労所得の期待も夏の幻に。

追加したい機能や、今後こんなアプリに変えていきたいという思いはあれど、いかんせん子持ちサラリーマンの資金的限界。
(これからサービスリリースされる方は、どうかどうか、リリース後のメンテやアップデートのことも視野に入れておいてください。苦笑)

そこに差し伸べられた救いの手...なのかどうか最初は分からなかったけど、とにかく事業譲渡という初めての出来事。

半年で (きちんとサラリーマンやりながら笑) これだけ経験できたことは、ちっともお金にはならなかったけど、少なくとも自分の経験値と話題にはなったかなと思うので、ポジティブに捉えています。

他にも作ってみたいサービスやゲームはいくつかあるので、趣味的にでもぼくと一緒にやってみたい方はぜひ気軽にご連絡ください!
Twitter @tatsuosakamoto

あと、本件に関してでもそれ以外でも、質問ある方は https://tatsuojapan.sarahah.com/ こちらで受け付けてます!

Q