DFP header tag

2016年2月25日木曜日

動画リワードの収益性を1.5倍にした最適化の話


最近、実際にあったお客さんの話。

そのお客さんは、ある広告ネットワーク (以下「AdNetwork A」) と AppLovin の 2 つを使っていた。
コンティニュー型で、ユーザーによっては何十回も広告を見れちゃうような実装。
1 日数万インプレッション。

はじめは AdNetwork A、AppLovin のどちらにも frequency cap をかけず、まずはテストで【AdNetwork A → AppLovin】の順番で配信。

青が AdNetwork A、赤が AppLovin、緑が加重平均。
AdNetwork A をめっちゃ見まくって、広告在庫が切れたユーザーだけが AppLovin を見ることになるので (しかもそういうユーザーは AppLovin もめっちゃたくさん見たのだろう)、当然 eCPM は【AdNetwork A >>> AppLovin】になった。

次に【AppLovin → AdNetwork A】と順番を変え、AppLovin を first fill にして配信。
同じロジックで今度は AdNetwork A の収益性が下がり、AppLovin の収益性が上がった。
とはいえ frequency cap はかけていないので、質の低い imp も多く含んでおり、AppLovin の収益性もそんなに上がらず。
平均 eCPM は以前とトントンだった。

(その後、first fill を AdNetwork A に戻した)

で、さすがに frequency cap を全くかけない状態での eCPM を実力だと考えて欲しくないので、月半ばから AppLovin の frequency cap を 3回/日 にかけて first fill に設定。
こんなに!? っていうぐらい AppLovin の eCPM が一気に伸び、約 3 倍に。

first fill ではなくなった分、AdNetwork A の eCPM は落ちたが、全体平均の eCPM はそれまでの 1.5 倍になったので、結果としてはハッピー。

広告ネットワークによって特性は異なるが、AppLovin は質の低い imp をそぎ落として first fill にすることでこれだけ違いが出るんだよ、という実証実験が出来た。

今の広告配信のロジックで大丈夫か、不安な方はいつでもご相談を!

Q