DFP header tag

2016年6月1日水曜日

ロングインタビュー風!AppLovin 日本4人目のメンバー:サニー

4 月に 2 人目のメンバー「まんでぃ」の紹介記事を書いたばかりだが、実は AppLovin 東京オフィスでは先日 4 人目のメンバーを迎え入れたぜ!

ぼくと同じメディア (媒体) 側の営業チームで、これから営業やイベントで皆さんと顔を合わせる機会も多くなると思う。
ぜひこの記事でバックグラウンドや人となりを知って、会うことがあったら仲良くなって欲しい ( ´▽`)



えっ、オーランド・ブルーム?

ぼく:まずはお名前教えてくださいな。

???:Sunny Bhasin です。

ぼく:ごめん、ラストネーム読めない。

サニー:「バシン」って読みます。

ぼく:うちのメンバー最近まで、誰も読み方分かってなかったからね。

「me too」じゃねぇよww

サニー:悲しいですね。

ぼく:めっちゃ日本語ペラペラやけど、生まれ育ちはどこ?

サニー:大阪生まれ神戸育ちで、小中高はずっと神戸のインターナショナルスクールに通ってました。

ぼく:おぉ関西人なんや。神戸のインターって、六甲アイランドの?

サニー:えっご存知なんですか?

ぼく:中高が神戸やったから、サッカーの試合で行ったことあるねん。

サニー:狭いですね〜。

ぼく:ぼくも比較的顔濃いほうとは言われるけど、サニーはどう見ても純ジャパじゃないよね?

サニー:日本とインドのハーフです。父がデリー出身で。

ぼく:なるほどね〜。じゃあ喋れるのは日本語と英語?

サニー:そうですね。日本語と英語は普通に話せますが、読み書きに関しては日本語は苦手です。。関西人だとすぐにバレたくないので、方言は隠しているつもりですが、やっぱりすぐバレちゃいますw

ぼく:そこは関西弁押しでいこう。

英語キーボードのほうが、リターンキーが近いから小指で押せるんですよ!と嬉しそうに自慢してくるサニー

ぼく:小中高は神戸って言ってたけど、大学は?

サニー:大学はカナダのトロント大学で神経科学と経済学を専攻しました。

ぼく:2 つも専攻してたんや。

サニー:カナダの大学では基本 double major なんですよ。とりあえず、学んでみたら面白そうな科目を 2 つ選びました。

ぼく:へ〜そうなんや。神経科学ってどういうことやるん?

サニー:心理学 + 生物学みたいな学問ですね。人間の脳の解剖とかもやりましたよ。ヌルヌルでした。

ぼく:FPS 高いゲームみたいに言うなや。休みの日とかは何してんの?

サニー:趣味や休日の過ごし方は普通の 26 歳です。

ぼく:アイドルか。

サニー:大学や高校の友達と会って、飲んだり遊んだりしています。1 人でいる時はジムに行ったり、本を読んだり、ひたすら SoundCloud でいい曲を見つけたりしていますね。新しい house music をいつも探してます。

ぼく:じゃあちょっとプライベートから仕事の話に移ろうか。AppLovin に入る前は何の仕事してたん?

サニー:新卒で BEENOS 株式会社 (旧ネットプライス) に入って、VC や新規事業部でのお仕事をした後、起業を経て、AppLovin にジョインしたっていうキャリアです!

 
ぼく:でた!まんでぃに続いてサニーも起業経験者なんやね。新卒で VC やってたってのも面白い。

サニー:就職活動中、これ以上に面白いお仕事はないと思ったんですよ。世界中の起業家とお話しして刺激をもらって、更にこれから伸びそうな事業に投資という形で支援できるのは魅力的だと感じました。投資先に有益な情報やアドバイスを行うためにも頑張れますし、とにかく次に何が流行りそうかとか、どういう事業が当たりそうかとか考えるのはとても面白いんですよ!

ぼく:VC やったことは無いけど、その感覚はなんとなく分かるわ〜。具体的には VC でどういうお仕事をしてたん?

サニー:BEENOS では主に国内・東南アジア・アメリカで、シードからアーリーステージの投資を行うためのマーケット調査、新しいベンチャーの発掘・ソーシングを行っていました。

ぼく:めっちゃエリア広いやん。笑

サニー:既存の投資先とキャッチアップも行いつつ、嬉しいことに半年間ほど、投資先の株式会社 Fablic へ出向したこともありました。

ぼく:おー、ファッションフリマアプリ「FRIL」の。

ファッションフリマアプリ FRIL (iOS | Android)

サニー:はい、まさにそのフリマアプリ「FRIL」のマーケティングを手伝っていました。主に広告出稿、計測管理、クリエィティブの最適化を行っていました。

ぼく:そういう意味やとアプリの広告を出稿してた経験はあるんや。で、そのあと起業したと。VC より事業側をやりたくなったん?

サニー:VC のお仕事は面白くて、またやりたいなと思うんですけど、世界の起業家と話してたりするとやっぱり自分も現場で戦いたいなと思うんですよ。それで事業側の仕事へシフトしていきました。

ぼく:なるほどね。まだ若いしな〜。で、なんでまた AppLovin に入ろうと思ったん?

サニー:もともとの問題意識としては、ぼくは新規事業部でも起業した会社でも、いつもマーケティングを担当していたので、広告業界ではいつも広告主側の人間だったんですよ。すると不思議な事に、世の中のプロモーション方法って間違いや落とし穴だらけなんですよね。ROI をあまり考えず出稿されていたり、重視しようと思ってても正しく成果を検証できていなかったりってことが凄く多くて。また、こんなのそもそも存在してもいいの? って思うような広告商品がいくらでもある事に気づきました。

ぼく:Why, Japanese people!? ってやつやね。

サニーにはこれを持ちネタにして欲しい

サニー:はい、こんな非効率に世の中のお金が回っていてもいいのか!?と思う事が多々あったんですよ。そんな中、セミナーで坂本さんが AppLovin のプレゼンしていた時に度肝を抜かれました。

ぼく:確かシロクが主催してたセミナーかな。


サニー:確かそれですね。まず設立 4 年ほどの、社員数 80 人前後の会社で、目立った資金調達もせずに、年間 250 億円以上売り上げている会社って聞いた事なかったです。しかも毎年 +100% 成長している。

ぼく:手前味噌やけど、そこはぼくもホンマに凄いと思う。

サニー:AppLovin のプロダクトも、まさにかゆい所に手が届くというか、広告って本来こうあるべきだなって思うような、魅力的なプロダクトだと話を聞いて思いました。この急成長中のベンチャーが、広告業界をより正しく、効率的にしてくれたらなと思いました。

ぼく:で、中の人になっちゃったと。めっちゃアグレッシブにアプローチしてきたよな、最初はぼくに Facebook でメッセ送ってきて。

サニー:はい、でもその時はすでに、まんでぃさんにオファー出ちゃってたんですよね。

ぼく:そのあと新しいポジションが空いたら、また速攻で連絡くれて。

サニー:LinkedIn で東京オフィスにポジション出たのを見つけて、すぐ連絡しました。

ぼく:そのハングリーさが良いよね、うちの営業チームが好きな感じ(笑)。入ってみて 2 週間ちょっとやけど、印象はどう?

サニー:最初の 1 週間はいきなりサンフランシスコで研修でしたが、とにかくみんないい人でした!すごいフレンドリーで明るく、一緒に時間を過ごしていて楽しかったです。

ぼく:若いメンバーも多いし、ラーメン好き、パズドラ・モンストの廃課金ユーザー (※本人は否定している) とかもおるしな。

サニー:若いチームなんですが、仕事に関してもみな真面目で論理的思考が強くて、さすがだなと思いました。無駄な事はせず、テンポ良く仕事をこなしてる感じです。どうやってこんな優秀でいい人達をいっぱい集められたのか気になります。

ぼく:売上規模の割には営業の人数少ないし、ほんと厳選して採用してるんやろうね〜。

サニー:で、2 週間目は初めて東京オフィスに出社しましたが、東京チームのメンバーは本社の人達よりキャラが濃くて、なんかツワモノ揃いです。。

ぼく:え、そうかな!?笑

サニー:林さんはモバイル広告業界長いですし。日本でもアメリカでも広告事業をゼロから大きく立ち上げていて、業界の歴史や、各社のことについてとても詳しくて。あれ、本社でもこんなに詳しい人っていたっけな...って思いました。

ぼく:確かに、本社でも意外に広告業界未経験の人とか、キャリア浅い人もおるしな。

サニー:まんでぃさんは、坂本さんの blog を読んでスペック高いと知ってたんですが、喋ってみるとやっぱりめちゃくちゃ頭いい人でした。なんでもチャレンジしたくて、あっさりできてしまうような人なのかなと。。プライペートでシュートボクシングやってて試合に出たいと思ってる社会人なんて、なかなかいないと思いますw

ぼく:身体もデカいし、絶対ケンカしたくないよな。話すとそうでもないけど、パッと見怖いし。笑

サニー:そして坂本さんはとにかくいっぱい動く hustler だと思っていましたが、期待以上でした。初出社の月曜日の朝に、一緒にスタンディングデスクを組み立てた後、もうその週の残りは姿を消していました。。「やっぱ活動的な人だからオフィスになかなかいないんだろうな」って思ってたんですが、オフィスどころか国内にもいないようでしたw

日本での初仕事はデスク組立。スタートアップぽいw

ぼく:うん、ごめん、台湾行ってた(笑)。

ぼく:話変わるけど、これから将来どうしていきたいとかはある?

サニー:まず、アメリカの developer からとてもリスペクトされている AppLovin のプロダクトを日本やアジアにも広めて、いい化学反応を目の当たりにしたいです。AppLovin にいる間、世界のマネタイズやプロモーションについての取り組み方や考え方を日本やアジアに伝えて、良い方向に変えていきたいですね。世の中の developer さんをよりハッピーにできれば僕もハッピーです。

ぼく:確かに、日本も含めてアジアではまだまだ知られてないもんなぁ。

サニー:あと、AppLovin を会社として更に大きくしたいです。現状、ものすごい勢いで成長していますが、このまま普通に成長して「勝ったな」と落ち着いてしまうと、絶対鈍化しちゃうので。常にチャレンジとリスクテイクを意識していきたいです。

アイムハングリー

ぼく:さすがハングリー・サニー。会社としても 100 人とかけっこう大きくなってきたし、今は幸いまだ無いけど、大企業病にはなりたくないよなぁ。サニーの個人的な将来像とかは?

サニー:その後の人生についてはあまり深く考えてないですが、また自分が興味ある分野でワクワクできるような事業の立上げにチャレンジしたいです。

ぼく:超良いね。まずは AppLovin を頑張ってもっと成長させて、その後も何か新しいチャレンジを一緒にやれると良いね!




こんなカンジっす!
サニーの紹介でした!

ちなみに文中にも出てきた "林さん" が日本オフィス 3 人目 (AppLovin 歴は実は 1 番長い) なんだけど、恥ずかしがって出たがらないので、リクエストが多かったらお願いしてインタビュー記事書きます@ 'ェ' @

Q