DFP header tag

2016年12月15日木曜日

美しい!動画ネイティブ広告(アプリ)の実装例

久しぶりに AppLovin のこと書くよ!

ご存知のとおり (?) 動画リワード広告や、最近アドフリくんや AdStir とも連携した「全画面インタースティシャル」では引き続き絶好調です。

ですが実は今年の後半ぐらいから「(動画含む) ネイティブ広告」の活用事例がジワっと増えてきてます。

いろんなとこで話題になってますが、元 LINE 社長・森川さんの手がける C CHANNEL にも入っていたり。
C CHANNEL、AppLovinのネイティブ動画広告の配信を開始 (MarkeZine)

TOP のタイムラインをちょっと下におりていくと、自動で再生される動画広告の枠があります。
このスクショ撮ったときは LINE ゲームの案件が流れてましたね〜。

上記は動画のみを実装した例ですが、今回ご紹介したいのは凄いユニークな実装方法です。

デベロッパーは and factory (アンドファクトリー) さん。
(アプリは諸事情により非公開で。察して!w)

最近原宿から目黒区青葉台に本社を移転し、とてもアプリデベロッパーとは思えないオシャレオフィスがぼくの中で話題になったこともありました。
参照:  and factory株式会社 IoT利活用の本社移転のお知らせ

そんなオフィスに負けずとも劣らないオシャレなネイティブ広告の実装方法がこちら!
 ↓ ↓ ↓

一見インタースティシャル (全画面) 広告に見えるじゃないですか〜
これ実は AppLovin のネイティブ広告を使って、彼らが独自に作った広告デザインなんです。

ネイティブ広告で AppLovin から提供するのは、
  • 素材
    • アイコン
    • アプリ名
    • レーティング (星の数)
    • 説明文 (description)
    • 画像 (1200x627)
    • 動画
    • click to action の文言 (上記だと "インストール")
  • 各種トラッカー
    • impression
    • video completion
    • click
といった要素で、それをどう自由に組み合わせて使うかはデベロッパーさん次第!

上のデザインでは、「イチオシ情報」やフレームの画像、広告の閉じるボタンなどは全てand factory さんの独自実装です。
このようにインタースティシャル風に作ったり、タイムラインや記事の中に入れたりと、アイデア次第でいろんな実装が出来ます。

この自由度の高さと、案件の豊富さ (国内でも常時数百案件が回っています)、収益性の高さが他のネットワークにはない強みですかね。
あと、実装は SDK 経由でも出来ますが、SDK を使わない server to server でも可能です。

全画面広告や動画リワードを入れる場所が無いよう、とお悩みの方も、これなら試しに入れることも出来るんじゃないでしょーか。
動画はちょっと...って方も、アイコン・テキスト・画像だけ使うことも出来ます。

実装のアイデアが欲しいって方は、アプリ教えてもらえればモック作って提案します。
使ってみたいって方は、実装ドキュメント送ります。

お気軽にお声がけください ( ͡° ͜ʖ ͡°)

Q @tatsuosakamoto