DFP header tag

2017年1月29日日曜日

"暇"の罪

いらすとや

Google を辞めて AppLovin で働きはじめた頃 (2015 年の夏前)、僕より先に Google を辞めて起業していた石田 健介先輩 (マネタイズパートナー社 (※) Co-Founder & CEO) に相談する機会があった。


ぼく:先輩、大企業を辞めたの初めてなので、この先上手くいくか少し不安です。

石田さん:達ちゃん、なんで不安になるのか、知ってる?

ぼく:分からないです。自信がないから、とかですか?

石田さん:暇だからだよ。


きょとんとする僕に対して続けて、


石田さん:暇で時間があるから、色々考えてしまうんだ。最初の 3 ヶ月だけでもいい、考える暇もないぐらい忙しくなったら、不安を感じることもなくなるよ。


アドバイスを真に受けた僕は、そこから半年ぐらい "Google カレンダーで 1 日の予定を全部埋める" を目標に、ひたすらお客さんとのアポを入れまくった。

1 日平均 4 アポ、多い日は 6 アポ入る日もあった。
オフィスが無かったので、全て先方のオフィスか、近くのカフェでの打ち合わせだったので、移動を考えると限界まで予定が入っていたと思う。

会って終わりではなく、朝晩には前日会ったお客さんへのお礼メールや、資料作成、もらった宿題の対応などが当然必要になる。
ので、日中以外の時間もずっとタスクに追われていた。

そして 2016 年に入る頃には、ビジネスも日本で無事に立ち上がり、サービス名も業界ではそれなりに知られるようになっていた。
めでたし、めでたし。

不安に感じる暇があるなら、とにかく動け。
シンプルだが力強く、とても有効なアドバイスだった。


本題とはズレるけど、最近何かあるたびに "叩く" 風潮が強いなぁって思ってて。
芸能人や有名人の失敗とか、あとこの業界だとアップトーキョーとかパクリアプリ作るデベロッパーを特定して叩いたりとか。

そういう人たちを擁護するわけではないけど、その叩く行為自体は (PVと、一時的な爽快感以外にw) 何も生み出してないってことは自覚しておいたほうが良いと思う。
成功したいんだったら、そんなことに時間を使うよりは、1 秒でも多く自分のビジネスに対して時間投下したほうがいいと思うよ!


前提条件


ただし、これはともすると「頭を使うのをやめろ」というメッセージにも捉えられかねないので、注意が必要だ。

僕の場合は、売るもの (AppLovin の広告)と、売る相手 (アプリ媒体、アプリ広告主、広告代理店、SSP) が既に決まっていた。
ので、相手にどうアプローチして何を喋るかってぐらいしか変数が無かったため、あとはアクションの数を増やすことがアウトプットを伸ばすことに直結したのだ。

(幸い、プロダクトも日本というマーケットで十分通用することが (事後的に) 分かった)

例えばこれが、売る相手が決まっていない (どの業界に対して営業かけようか...?) 場合や、売るものが決まっていない (まだプロダクト・マーケット・フィットに達したか分からない等) 場合なんかには、何も考えず走ってるだけでは当然ダメで。
意識的に "考える時間" を確保するようにしながら、PDCA を回す必要がある。

あと、休まないと死んじゃうので、睡眠時間は最低限確保しよう!
(時々徹夜しちゃうぐらいは仕方ないwけど、翌日や週末にゆっくり寝るとか)


※1 マネタイズパートナー社について


マネタイズパートナー社は主に web 媒体の広告収益化をコンサルしてくれる会社で、僕自身ささやかな額をエンジェル出資させてもらってます。
石田さんは Google 時代には AdSense チームのリーダーで、大手メディアを担当していた敏腕コンサルタントです。
AdSense や DFP、また Google 以外の広告も含めてサイトの収益化にお悩みの方は、お気軽にお声がけを。(ご紹介します)


Q

2017年1月2日月曜日

#読書メモ 『「学力」の経済学』by 中室牧子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【新品】【本】「学力」の経済学 中室牧子/〔著〕
価格:1728円(税込、送料別) (2017/1/3時点)

冬休みに読んだ本のうちの 1 冊。
自分用のメモとして書き残しておく。

要旨

教育の話題になると、"自分自身の経験" や、"もしかすると特殊なケースに過ぎないかもしれない事例" にもとづいて "かくあるべし" と語る人が多い。
また、教育政策もそんなノリで決められている節がある。

意識高い系になれるスタンプ
  • それってエビデンスになるデータってあるんだっけ?
  • 施策の効果ってちゃんと仮説立てられてて、実施後に検証されてるっけ?
っていう問題提起から入って、主に海外のデータをもとに "どうやら効果があるっぽい" 教育のメソッドについて紹介されている本。

メイン目的はメソッドの紹介というよりは、教育もちゃんとデータドリブンで考えようよっていう提案と、日本は特にデータドリブンな教育論が諸外国より遅れている (というかデータ自体ちゃんととれていない・民間の研究用にアクセスできない) 現状に警鐘を鳴らすことだと思われ。

具体例いくつか

勉強に対するご褒美

  • 「テストでいい点をとったらご褒美」より「本を 1 冊読んだらご褒美」のほうが効果的
  • 遠い将来のリターンの効用は割り引かれる (目先の利益のほうが魅力的)
  • テストでいい点をとるための "方法" がわからないので、勉強の "仕方" を学ぶことがまずは大事
  • ご褒美によって "勉強をするのが楽しい" という気持ちは失われない
  • ご褒美は、子どもが小さいうちはトロフィーなどヤル気を刺激するもの、中高生以上はお金が効果的

どのように褒めて育てるべきか

  • 自尊心が高まれば学力や意欲が高まる、という因果関係はない (学力や意欲が高い子ほど自尊心が高い、という相関関係はある)
  • 「頭がいいのね」ともともとの "能力" を褒めると、子どもは意欲を失い、能力が低下する
  • 「よく頑張ったね」と "努力" "プロセス" を褒めると、悪い成績をとっても "(能力ではなく) 努力が足りなかったんだ" と考え、難しいことにでも挑戦するようになる

テレビやゲームばかりしてる子には

  • 単にテレビやゲームをやめさせても勉強時間は増えないというデータがある
  • "勉強するように言う" のは効果が低く、ときに逆効果になる
  • "横について勉強を見る" "勉強する時間を決めて守らせる" など手間がかかることが効果的
  • 男の子なら父親、女の子なら母親がやるのが効果が高い
  • 親ではなく、祖父母や兄弟などの同居者がやっても同様の効果がある

友だちが与える影響

  • 学力が高い友だちの中にいると、自分の学力にもプラス
  • ただしその影響は、もともと学力が高かったグループのみ
  • 習熟度別学級は、学力が低いグループには高い効果がある
  • "問題児" の存在は他の人の学力や行動にマイナスの影響がある
  • 環境が悪かった場合、引っ越しによって友だちを変えることで、負のピア・エフェクトから逃れられる

幼児教育について

  • 投資の収益率 (リターン) が最も高いのは就学前教育
  • 人生の初めに得たものはその後の教育で役立つため
  • ただし "認知能力" (IQ や学力) の差は 8 歳前後でなくなってしまう
  • その後も差が継続するのは "非認知能力" で、より具体的には "自制心" "やり抜く力" など一般に "生きる力" と呼ばれているもの
  • 学歴・年収・雇用など人生の成功に長期的に因果効果を持ち、教育・トレーニングで伸ばすことができる
  • 学力や点数ばっか気にしてもしゃーない (過大評価しすぎ)

その他、少人数学級の費用対効果の検証 (費用対効果悪い、または効果がない)、教員の質についての議論 (免許制を廃止し能力が高い人が教師になる参入障壁を低くすべき) などがあったけど、マクロな話なので割愛。

特に "子どもがいる人" や "教育政策に興味がある人" は読んでみると面白いんじゃないかと。
文体も、学者さん (慶應義塾大学 総合政策学部 (SFC) 准教授) の割に平易で読みやすかった。
(学者さんに対する偏見ですねゴメンナサイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【新品】【本】「学力」の経済学 中室牧子/〔著〕
価格:1728円(税込、送料別) (2017/1/3時点)

Q